2006年07月20日

月を撮ろう

天気が悪い日が続いていますが
比較的に今日は空模様が良い方かな?
若干雲が流れていますが
それでも、ここ数日の中ではコンディションが良い方なので
の画像をアップします。

の写真を撮るのに私が一番難しいのではないかと
思っているのは満月そしてその前後のも難しいと思います。
私の苦手な導入は、暗い夜空の中で明るい部分を探せば
いいので楽なんですが・・・。じゃぁどう難しいかというと、
うまく表現できないのですが
の表情がノッペリとした感じになってしまうと思うんです。

次に、私が初めてを撮った時は、真っ白に白トビしました
満月は普通に想像されるより、そうとう明るいので
失敗することも多いのが満月じゃないかと思ってます。
撮ったけど、丸い白いものが写った・・・という感じ?でした。

CIMG0085s.jpg




を撮り始めると普通最初に撮りたくなるのが
の写真、というのは、の模様かと思います。
の明るさを理解できるようになれば
これは、結構すぐにシャッタースピードを調整するなどして
撮れるようになるかと思います
海が撮れるようになると次に撮りたくなるのが
クレーター 山脈なども拡大して撮れると嬉しいので
ついついズームをかけて欲張りはじめます(^^;

2006-7-20-21.jpg

この写真は、フルズームをかけて撮りました。
最初はこの写真でも結構嬉しかったのですが
やっぱり欲張りすぎな写真かな?と最近は思い
デジタルズームはできるだけ控えめに(^^;しています。


2006-7-20-31.jpg

こちらは、光学ズームいっぱいで撮った写真ですが
充分迫力が感じられるのではないでしょうか?

さらにこの写真をトリムしてみました。

2006-7-20-41.jpg

画質の荒さは若干目立つのは目立つにしても
個人的な満足度としては、デジタルズームをフルに
かけた画像より満足できるものになりました。

今回、月を撮ってすごくすごく感動したことがあります。
実は今回の写真は、新たなCASIO EXILIM EX-Z850なのですが
こんなに違うんだ?と実感できたこと
鮮明に撮れるしチョイチョイのチョイと撮れてしまう感じ。
イヤ・ホント!なんの苦労もしないで撮れちゃった!!
という感覚がありました。

今までBLOGにアップはしていませんでしたが、
実はの見える日は毎日撮っていました(^^;
その撮った月と比較してみると違いは歴然。
スポッティングスコープは同じ物なので
カメラを変えることで、このスポッティングスコープ(TSN-664)の
威力を痛感しちゃったわけです。
ひぇ〜〜〜。<本人喜びの悲鳴?です。

上の写真はそれでも比較的にシーイングの良いとまでは
いわないにせよ、悪くない空なんですが
雲のある日の写真もアップします。

2006-7-20-51.jpg

こちらですが見て頂いておわかりのように
黒い雲がドヨ〜ンと流れています。

実は、こういう空の時や肉眼では明るいに見えても
水蒸気が多い日にAFで撮ると、の手前にある
雲や月にピントがあってしまう。
雲が流れていれば、雲にピン
水蒸気が多ければ、揺らぎの多い写真になってしまうわけです。
ですから、こういう時は必死でMFで合わせるという作業を
しかも、なかなかピントが見えなくてイライラしながら(^^;
撮っていたのが今までなんですが
初めてです!! こんなに簡単に、苦労なく撮れてしまったのは!!
本当に踊りたくなるほど私は1人で大喜びしました(^^;

皆さんも、を撮ってみませんか?^^
なんて、いつだって見れるじゃないか?そうおっしゃる方も
多いのですが、実は同じ月齢の写真を撮るのは案外難しいんですよ
今日を逃したら、来月にならなければ同じ月齢は撮れませんし
その同じ月齢の日が晴れるとは限らないからです!

スコープを使うのは昼間でしょう?と思われている方も
多いですが。以前星を撮った写真をアップしましたように
昼夜楽しめる道具だと思ってます^^

来年はたしか皆既月食が見られるはず!
月食の撮影は、普通の月より難しいですよ〜
今から一緒に練習しませんか?^^

この記事を読んでくださった方で
じゃぁ私も僕も・・・試してみようと思った方
1つだけ注意があります。

上でも書きましたが、満月は想像されているより
明るいです。太陽と比較したら問題外ですが
それでも、スコープを覗かれる時は充分に注意してください。

お勧めなのは、最初は、満月になる4、5日前とか
満月後、4、5日後くらいで試されたら良いかと思います
明るさも控えめですし、写真も撮りやすいですしクレーターも
はっきりと写りやすいと思います。
そして、できれば南天(一番高く月が上がった時)を狙うと
大気の影響も少なくクリア度がアップすると思います^^


今回の教訓:弘法は絶対筆を選んでいるに違いない!






posted by Lady-e at 13:06 | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21081816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。